LAからファイヤーキングやオールドパイレックスなどミルクガラスについてのレポート&手作り作品の紹介など盛りだくさんです♪


by natsutyn

続はだかんぼロンガバーガーにライナーを…*

うーんかわいいねぇ~(人´v`)*

e0122024_12271346.jpg

久しぶりに生地倉庫を整理してたらなんか可愛い生地を見つけ
珍しくやる気みたいなものが湧いてきちゃいました。
日本で買ったこの生地は一目見た瞬間ハートを鷲づかみされた一品。
ついつい大事にしてしまいなかなかカットすることが
できなかったのだけど今回思いきって使うことに決めました!

e0122024_1331572.jpg

今回この生地を使って作るのはこれのカバー↓

e0122024_1227355.jpg

はだかんぼのロンガバーガーバスケット。
このままでも使えるけどやはりライナーがあった方が
よりかわいいからね~(●^o^●)

e0122024_1335486.jpg

ライナー作りの第一歩はまず採寸から↓

e0122024_1228770.jpg

まずは内底のサイズを測ります。
それほど神経質にははかりません。
大体で十分です。

e0122024_1341817.jpg

そして次に側面の長さを測定↓

e0122024_12282864.jpg

これは入れ口の外周。
厚みがあるので内外差が結構あるこのバスケット。
内側で採寸したら外に垂らすことが出来なくなるのだ( ̄‥ ̄)

e0122024_1343637.jpg

それから深さを測り…↓

e0122024_12284683.jpg


外側のタレ部分の長さも大体決めて…↓

e0122024_1229925.jpg

ここは多めにとっておけば後で短くすることも可能なので
ゆとりを持って採寸しときます。

e0122024_1353351.jpg

で、採寸を元に大雑把な製図を作成して…↓

e0122024_1229284.jpg

あとは布に置いてカットするだけ。
このときロータリーカッターを使えば楽々です(*^ー^*)
一度製図を作っておけば新たに作り直すとき楽なんだけど
わたしは面倒なので布に直に製図しちゃうんだよね(笑)。

e0122024_136340.jpg

このバスケットは入れ口に対して裾すぼまりなので
側面の外周より底の外周の方が短いのですわ。

e0122024_12294998.jpg

なので強引にタックをとって縫い合わせちゃう。
今回は二辺に二タックづついれました。
側面と底を合体させるとき、四辺は一気に縫い上げるのではなくて
一辺一辺縫ってきます。
(側面は先に筒状に縫い、アイロンなどで4等分に印付けを
しておきます。こうすれば一辺の長さが平等になるからね(^_-)-☆)
わたしはまず一辺縫ったら、その向かいを縫うというやり方をします。
理由はただわたしがやりやすいから(笑)。
縫い物には正解なんてないのだから自分のやりやすいように
やっちまえばいいのです(o^∪^o)
自分で楽しむものなんだからとりあえず底と側面が
縫い合わさればいいやくらいの気持ちで大丈夫(笑)。
多少もたついていてもプロテクターで抑えれば問題無しです。
プロテクターが無くても所詮見えない部分なので
気になりません(^_-)-☆

e0122024_1363067.jpg

後は適当に飾りをつけたら完成↓

e0122024_1230712.jpg

ぽんぽん玉がでかいこのトリムはミシンでは縫いづらいので
わしわしとなみ縫いで縫いとめました。
丁寧に纏らなかったのはただただ面倒だったから(笑)。
そんなしょっちゅう洗うもんじゃないからそれでも
全然大丈夫なものですよ~(*^o^*)

e0122024_1365155.jpg

とまあこれくらいざっくり作れば縫い物になれた人なら
30分もあればできちゃいます。
見えないところは気にしない…アメリカで学んだことですわ(笑)。
ソーイングって日本じゃ見えないところまで丁寧に仕上げるけど
この国はほんと見えないところには気を配らないからさ~。
まぁでも自分で楽しむ雑貨ならそれくらい軽い気持ちで
楽しむ方がいいのかなあって気もしちゃいますです。




にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ

↑押してくれてありがとうね~♪
by natsutyn | 2012-09-26 13:09 | ハンドメイド